2002/01/05更新 振り分けバッグを搭載する為の工夫

【サドルバッグ】
バッグとあるH/PにS1でツーリングに行く為には?というような主旨のQ&Aがあって、振分けバッグを乗せる技が紹介してあったので実践してみた。お手軽偏、ちょっと要工作偏と2パターンを紹介。

使用している振り分けバッグはモトフィズ社製のサドルバッグ。小ぶりなのでお尻周りの小さいS1にジャストフィットだが、当然のごとく積載量には限界があり、S3パニアのようなわけにはいかない。密閉性が低く隙間が大きいので雨天走行時には防水の工夫も必要だ(防水カバーは付属していない)1泊程度の荷物なら余裕。工夫次第では2泊以上も可能であろう。

アフィリエイトLink→ タナックス/モトフィズ サドルバッグ2
※現在はモデルチェンジして“2”になってる模様。デザイン変更されている。
【ウインカーをずらす】
ブラケットその1ノーマルのウインカーを一旦外し、ホームセンター等で売っているブラケットをかまし、約70mm後退を実現している。コード類もギリギリだがそのままで使用可能だ。この状態でとりあえず3年以上は持っているので耐久性に問題はないと思う。

以下より2コース、各画像をクリックで次に進みます。
お手軽偏ちょっと加工偏
お手軽偏 ちょっと加工偏
シートの上に何かかませ物をしてバッグ自体を上に浮かせてリアフェンダーとの干渉を回避させる定番通りにステーをつけてバッグが内側に入るのを防ぎリアフェンダーとの干渉を回避させる

戻る